外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地上と海面を合わせた地球全体の1~7月の平均気温が、観測記録が残っている1880年以降で最も高かったことが22日、米海洋大気局(NOAA)の分析結果で分かった。日本列島ではこの夏、厳しい暑さが続いているが、世界全体で温暖化の傾向が進んでいることを示していると言えそうだ。

共同通信