外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】国際移住機関(IOM)は29日、海外への移民や難民など世界の「移住者」が50年までに、現状の2倍近くの4億500万人に達する可能性があるとの10年版報告書を発表した。労働人口の構成が世界的に不均衡になっているほか、地球温暖化も影響している。IOMは主に途上国からの移民が、先進国にとっても経済的利益になると訴えており、移民受け入れ態勢の強化を求めている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信