外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンクトペテルブルク共同】トランポリンの世界選手権第3日は9日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、非五輪種目のシンクロナイズド決勝で女子は予選を1位通過した森ひかる、宇山芽紅組が48・340点をマークし、全種目を通じて日本女子初の金メダルを獲得した。予選の得点は持ち越さずに8組で争われた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信