外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第3日は18日、ブダペストで行われ、女子48キロ級で昨年銀メダルを獲得した20歳の登坂絵莉が決勝でベネズエラ選手にテクニカルフォール勝ちし、初の金メダルを獲得した。日本勢で今大会のメダル第1号となった。登坂は1回戦でルーマニア選手にフォール、2回戦で米国選手にテクニカルフォール、3回戦でカザフスタン選手に判定、準決勝でフランス選手にフォールで勝った。

共同通信