外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界最長寿の犬としてギネスブックに認定されていた、栃木県さくら市の雄の雑種犬「ぷースケ」が死んだことが6日、分かった。老衰とみられる。26歳と9カ月だった。飼い主の主婦篠原由美子さん(42)によると、人間で言えば125歳を超える年齢。ぷースケは最近も朝夕の散歩を欠かさず、餌も元気に食べていた。だが5日朝に体調が急変し、息を引き取った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信