外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アントワープ(ベルギー)共同】体操の世界選手権最終日は6日、ベルギーのアントワープで種目別決勝が行われ、男子の平行棒で内村航平(コナミ)が15・666点を出して林超攀(中国)と同点優勝し、史上初の4連覇を達成した個人総合との2冠に輝いた。日本勢で平行棒の世界王者は1981年大会の具志堅幸司以来32年ぶり。鉄棒では内村が15・633点で銅メダルを獲得し、加藤凌平(順大)が15・025点で7位。

共同通信