外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省の科学技術部会は12日、iPS細胞を使って目の病気の患者の網膜を再生する世界初の臨床研究を了承した。早ければ7月中に大臣が了承意見を出し、臨床研究に向けた手続きは終了する。大臣意見を受け、理化学研究所と先端医療センター(神戸市)は研究に着手、患者への移植手術は来年になる見通し。科学技術部会は人の幹細胞を使う臨床研究としては初めて、開始後にも安全対策の実施状況を国に報告するという条件を付けた。

共同通信