外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、マウスの体内で働く小さな肝臓を作ることに成功したとする世界初の成果を、横浜市立大の谷口英樹教授、武部貴則助手らのチームが3日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。今後、子どもの肝臓病治療に向けた研究を進め、10年以内に患者に届けたいとしている。iPS細胞から肝臓の細胞はできていたが、体内で機能させるために必要な立体的な構造を作るのは難しかった。

共同通信