外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】2009年のギリシャ首相就任直後に前政権の財政赤字粉飾を暴露し、欧州債務危機のきっかけをつくったギリシャのパパンドレウ元首相が9日、共同通信の単独会見に応じ「世界的な危機につながるとは予想していなかった」と述べ、危機拡大は想定外だったとの認識を明らかにした。その上で「(隠し続けていたら)もっと悪い結果になっただろう」と指摘、暴露自体は後悔していないとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信