外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】世界最大の帆船としてギネスブックに登録され、建造から90年以上を経てアジアを初航海中のロシアの練習用帆船「セドフ」が2日、同国極東ウラジオストク港で市民に公開され、大勢が記念撮影に訪れた。11日には長崎港に入る予定で、日本初寄港となる。全長117・5メートルのセドフ号は船員養成のための国立技術大に所属。現在では珍しい4本のマストを持ち、学生85人を乗せ世界一周の練習航海中。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信