外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 千葉県立中央博物館(千葉市)は7日、世界最大級となるトドの仲間のあごの化石が、同県市原市の約90万年前の地層から見つかったと発表した。現在生息しているトドの約1・5倍の大きさで、絶滅種とみられる。8~24日に同館で一般公開する。化石は右下顎の先端部分で縦10cm、横13cm、厚さ6cm。重さは710グラムで、犬歯の歯根や5本のけん歯の歯槽が残されていた。体長約5m、体重約3トンの雄と推定される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信