外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 名古屋市の東山動物園は25日、飼育していた世界最高齢の雌のボンゴ「マツ」が老衰で死んだと発表。22歳で、人間だと100歳を超えるという。ボンゴはウシ科の草食動物で、同園で育った最後の1頭だった。ボンゴはアフリカに生息。音に極めて敏感に反応するため「森林の魔術師」の異名を持ち、四大珍獣に数えられることもある。国内で飼育されているのは富士サファリパーク(静岡県裾野市)の2頭だけになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信