外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カザニ(ロシア)共同】水泳の世界選手権第10日は2日、ロシアのカザニで競泳が始まり、女子200メートル個人メドレーの渡部香生子(JSS立石)が準決勝で2分9秒61の日本新記録をマークし、全体の3位で3日の決勝に進出した。清水咲子(ミキハウス)は2分11秒53の準決勝10位で敗退した。

共同通信