外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】世界銀行は12日発表した経済見通しで、2013年の世界全体の実質経済成長率を2・2%とし、1月時点の予測から0・2ポイント下方修正した。新興国の成長が伸び悩んでいることが原因。米国などの金融緩和が解除に向かえば、一段の減速を招きかねないと警告している。日本については、日銀の「異次元緩和」の効果で0・6ポイント上方修正し1・4%成長を予測。14年も同じ1・4%を維持するとみる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信