外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】戦後最大級の経済危機を招いた米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻から15日で10年。深刻な不況に陥った世界経済は各国の金融緩和や財政出動で回復した。だが、トランプ米政権が仕掛けた「貿易戦争」で足元は再び揺らいでいる。米利上げを受けた新興国からの資金流出も不安材料で、危機の震源地だった米国が再びリスクの発生源として意識されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信