外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衰退が危ぶまれる伝統農法や生態系などを次世代に継承することを目的に国連食糧農業機関(FAO)が認定する「世界農業遺産」に、静岡、熊本、大分3県の3カ所が新たに登録される見通しとなった。24日分かった。29日から石川県七尾市を中心に始まる世界農業遺産国際会議で紹介され、最終選考を経て30日の認定式で正式に発表される。うち茶の産地の静岡県では、掛川市など5市町が伝統的な「茶草場農法」を申請している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信