外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 蓮舫行政刷新担当相は11日、北九州市の新日本製鉄八幡製鉄所など歴史的価値が高い産業遺産は稼働中でも世界遺産へ登録申請ができるよう現行法制見直しを文化庁などに要請する方針を固めた。地域活性化に向けた規制改革の一環で、今後、行政刷新会議の規制・制度改革分科会で具体策を協議する。八幡製鉄所のほか、江戸幕府の艦船修理工場として1857年に創業した三菱重工業長崎造船所(長崎市)などを対象に想定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信