外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】陸上の世界選手権は10日、モスクワで開幕し、女子マラソンは31歳の福士加代子が2時間27分45秒で銅メダルを獲得した。日本勢のメダルは2大会ぶり。木崎良子は2時間31分28秒で4位に入った。野口みずきは33キロ付近で途中棄権した。男子100メートル予選で17歳の桐生祥秀は10秒31の2組4着で準決勝に進めなかった。山県亮太も10秒21の7組4着で落選。

共同通信