ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世銀、防災・開発で仙台特別会合

 日本政府と世界銀行が共同開催する防災と開発の特別会合が9日、仙台市内のホテルで始まった。東日本大震災の被災地である仙台市の奥山恵美子市長は、震災の教訓を世界に届けて、防災への取り組みに貢献することが「多くの支援を受けて立ち上がった者の責務だ」と宣言。地元高校生は日本人が大切にする「絆」の重要性を語った。会合は9日開幕した国際通貨基金(IMF)・世銀年次総会の特別イベント。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。