外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇、皇后両陛下の葬送や陵の在り方を検討していた宮内庁は14日、江戸時代初期から約350年間続いた土葬をやめて火葬にすることや、同じ陵に遺骨を納める合葬は見送るものの、二つの陵を寄り添うように並べ一体化した形で造営することなどを柱とする検討結果を発表した。

共同通信