外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヌサドゥア(インドネシア)共同】東アジアサミットを構成する東南アジア諸国連合(ASEAN)や日米中ロなど18カ国による「新たな安全保障対話の枠組み」の創設を、ロシアと中国が共同提案していることが5日、分かった。新安保対話は、アジア太平洋地域で存在感を高めたいロシアと、南シナ海や沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる自国の領有権主張を国際社会に示す場をつくりたい中国の思惑が一致したとみられる。

共同通信