外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】爆発を伴う核実験の自制をあらゆる国に求めることを盛り込み、オバマ米政権が国連安全保障理事会の理事国に配布した決議草案のうち、決議違反に対する制裁に道を開く「国連憲章7章の下で行動する」と記した部分が草案改訂版で削除されたことが分かった。ロシアや中国が明記に反対していた。複数の外交筋が13日明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信