外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京、モスクワ共同】米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備決定を巡り、中国とロシアは8日、強く反発し配備見直しを要求、対抗措置の可能性に言及した。中国の張業遂筆頭外務次官は米国のボーカス駐中国大使と韓国の金章洙駐中国大使を呼び出して抗議した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信