外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル・リオデジャネイロの治安当局は13日、中南米最大のスラム街とされるロシーニャ地区を制圧したと発表した。同国では2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)と16年のリオ五輪に向け、スラム街を拠点とする麻薬組織の掃討作戦が続いており、最大スラムの制圧で治安改善をアピールする狙い。同日未明、武装した警官らが多数の装甲車などに分乗してロシーニャ地区に突入した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信