【ワシントン共同】米国防総省は16日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。中国人民解放軍が太平洋地域における爆撃機の運用を急速に拡大していると指摘し、米国とその同盟国に対する攻撃を想定した訓練を重ねている可能性があると分析した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。