外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東シナ海の日中中間線付近の海域で、中国が新たなガス田とみられる採掘関連施設の建設に着手していることが3日、日本政府の調査で確認された。菅義偉官房長官が午前の記者会見で明らかにし「一方的な開発を進めているのであれば、受け入れられない」と非難した。抗議の意向を示すため「外交ルートを通じて重大な懸念を伝えた」とも述べた。沖縄県・尖閣諸島をめぐって続く日中対立がさらに先鋭化する可能性がある。

共同通信