外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国で食品の輸出入規制を担当する国家品質監督検査検疫総局は24日、東京電力福島第1原発事故を受けて実施していた日本産食品の輸入規制を緩和すると日本政府に通知した。規制以前に中国に輸入されていた日本産食品は、加工品が約3分の1を占めており、原発事故以降、事実上ストップしていた日本産食品の輸入が約8カ月ぶりに本格的に再開されることになる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信