外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省のシンクタンク、防衛研究所は19日付で中国の人民解放軍と政府部門の政策調整に関する「中国安全保障レポート2012」を発表。尖閣諸島沖や南シナ海などに監視船を派遣する国家海洋局などと軍の「連携が進展している」と指摘。日本を含む周辺国と対立する海洋権益をめぐり、中国は「軍を投入する可能性が高い」と警鐘を鳴らした。背景には「海洋安全保障に関する中国指導部の危機意識の高まりがある」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信