外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎県・五島列島沖の日本領海内で今月6日、中国漁船船長が漁業法違反容疑で逮捕された事件で、中国政府が日本側に外交ルートで非公式に「反日デモが起きかねない」などと早期釈放を求めていたことが25日、分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。日本側は「領海内であり、正当に国内法を執行する」と拒否。再度の要求はなかったという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信