外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピン外務省幹部は7日、中国で、執行猶予2年付きの死刑判決を受けたフィリピン人が現在約70人いることを明らかにした。幹部によると、大半が麻薬密輸容疑で逮捕、拘束されたケースだという。中国では死刑に執行猶予が付くことがあり、収監されている猶予期間中に問題がなければ、無期懲役などに刑が軽くなる可能性がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信