外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国防省は27日夜、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの「技術実験」を同日実施したと発表した。実験は2010年1月に続き2度目。詳細は不明だが、「所期の目的を達成した」という。国防省は「この実験は防御的で、いかなる国家も対象にしていない」との見解を表明した。ただ、沖縄県・尖閣諸島をめぐり日本との対立が先鋭化している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信