外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】中国と台湾が、台湾の離島である金門島で習近平国家主席と馬英九総統の首脳会談を昨年8月実施する計画だったと25日付の台湾紙、自由時報が報じた。台湾の大陸委員会の元ナンバー2、張顕耀氏が、対中機密漏えい疑惑をめぐる当局の捜査で明らかにしたという。張氏は10日に不起訴処分となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信