外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】ミャンマーから中国に最大1万人の難民が流入したとされる問題について、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の北京事務所は8日、「中国政府と協議する」として、中国側に事実関係の確認を求める考えを明らかにした。UNHCR北京事務所によると、昨年6月ごろから中国への難民流入の情報が伝わり、中国側と協議を開始。だが、中国政府は難民の存在を確認していないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信