外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本政府は6日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、対抗措置の策定に乗り出した。「中国による制裁の履行が不十分なため、北朝鮮の核ミサイル開発を止められない」(日本政府筋)との判断に基づき、米韓両国と連携して「完全な履行」を中国に強く働き掛ける。米軍の最新鋭迎撃ミサイルの導入に関する検討も進める。日朝関係の緊張を背景に、拉致問題の解決はさらに遠のきそうだ。

共同通信