外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ロイター通信によると、中国政府のためにスパイ活動をする目的で米中央情報局(CIA)に就職しようとしたとして、謀議などの罪に問われた米ミシガン州の男(28)が22日、バージニア州の連邦裁判所で開かれた審理で罪を認めた。禁固4年の実刑を受ける見通し。男は中国の情報当局者らと04年以降、約20回接触し、計7万ドル(約570万円)を受け取ったと供述した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信