外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】米軍当局者は27日、韓国の銀行で発生したシステム障害のうち、北朝鮮が中国のIPアドレス(識別番号)を利用し、サイバー攻撃を仕掛けたとみられる事例が含まれていることを明らかにした。北朝鮮はサイバー攻撃の専門部隊を持ち、中国の大都市を拠点に海外へのサイバー攻撃を行っていると伝えられる。当局者は詳しい状況は明らかにしなかったが、米軍としてこうした見方を肯定した可能性がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信