外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国共産党序列5位の劉雲山党中央書記局書記(党政治局常務委員)が3日の野中広務元官房長官との会談で、安倍晋三首相の歴史認識発言などに関し「人の傷に塩を塗り込むような言動ばかりしている。軍国主義の復活ではないか」と痛烈に批判していたことが4日、日中関係筋の話で分かった。党の最高決定機関、政治局常務委員会メンバーが歴史認識問題で安倍首相を名指し批判したことが明らかになったのは初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信