外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】香港の実業家が日中関係改善のため計約1億元(約12億円)の私財を投じることを決断、この資金を基に北京大や復旦大など中国の名門5大学に「中日青年交流センター」を建設することが決まり、5大学の関係者ら約60人が14日、上海市内の復旦大で初の合同会議を開いた。各大学は、交流センターを学生寮などとして使う予定。共同生活などを通じて人間関係を構築、長期的に両国関係の強化につなげる狙いがある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信