外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】17日付の中国英字紙、チャイナ・デーリーは広東省の大学が新入生に対し、自殺や自傷行為について学生自身が責任を取り、大学は関知しないとする「免責」誓約書にサインするよう求めた、と伝えた。学生の保護者からは大学の責任放棄ではないかと批判の声が上がっている。地元紙によると、この大学は東莞理工学院城市学院。大学当局者は「誓約書にサインすることで学生自身が規則を守ることを期待する」としている。

共同通信