外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国の女性団体、中華全国婦女連合会は21日、女性の社会的地位などに関する調査結果を発表し、昨年12月時点でドメスティックバイオレンス(DV)被害を受けたことがあると回答した女性が24・7%と、ほぼ4人に1人に上ったことを明らかにした。調査は、10歳以上の計約12万6千人を対象に実施。同会の甄硯副主席は、暴力防止のために、加害者の厳罰化など法整備の必要性を強調した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信