外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本と中国での共同世論調査で、相手国に「良くない印象を持っている」と答えた人の割合は、中国で55・9%と、前年に比べ9・3ポイント減少して対日イメージが改善。一方、日本では1・2ポイント減の72・0%とほぼ横ばいだった。調査したのは日本のNPO法人「言論NPO」と、中国メディアの中国日報社。14日、結果が発表された。中国の調査担当者は「若い世代で日本の好感度が上がっているようだ」と分析。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信