【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は3日までに、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化後の日本製品に対する通関検査強化など中国による経済報復とみられる動きについて「北京の貿易いじめ」と題する社説で、共産党が反体制派市民を弾圧する手法に似ていると指摘した。社説は、中国の経済報復には明確なルールがなく「気まぐれに適用される」と分析した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。