外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米下院情報特別委員会のロジャース委員長(共和党)は4日の公聴会で、米企業などにサイバー攻撃を行っているのは中国政府だと断定し「容認できないレベル」に達していると非難。人民元の過小評価を念頭に「中国は大規模な貿易戦争を仕掛けている」とも述べ、日米欧が「結束して圧力をかける」必要性を訴えた。経済雇用情勢の長期低迷に打開策を打ち出せない米議会で「中国バッシング」が激しさを増している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信