外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局は15日、9月の消費者物価指数が前年同月比で1・6%上昇したと発表した。上昇率はリーマン・ショックによる落ち込みの影響が残っていた2010年1月以来、4年8カ月ぶりの低水準。経済の減速懸念が高まっており、消費が振るわなくなっている。

共同通信