外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国四川省の航空機メーカーの工場で、開発中の国産無人偵察機「翔竜」の試験飛行が行われていることが民間軍事研究機関、漢和情報センター(本部カナダ)による衛星写真の分析などで19日までに確認された。翔竜が配備されれば、日本全土や米領グアムを偵察範囲に収めることができる。中国は日米韓に対抗し、東アジアでの作戦展開能力を向上させるため、翔竜の開発を急いでいるもようだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信