外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国東部で8歳の女児が肺がんと診断され、大気汚染の原因である微小粒子状物質「PM2・5」が関係していると中国の通信社、中国新聞社が6日までに報じた。中国政府に大気汚染対策を求める声が一段と高まりそうだ。

共同通信