外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米制服組トップのマレン統合参謀本部議長は1日、ワシントンでの講演で、中国と北朝鮮の深い関係に触れ「影響力があるということは責任も伴う」と述べ、韓国・延坪島砲撃やウラン濃縮施設建設など北朝鮮の挑発的行動を阻止するよう中国に求めた。中国が提案した6カ国協議の首席代表による緊急会合開催については「北朝鮮の挑発的態度に報酬を与え続けるべきでない」と否定的な考えを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信