外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米調査会社ガートナーが10日発表した7~9月期の世界のパソコン出荷調査で、中国の聯想(レノボ)グループが15・7%の市場シェアを獲得し、初めて首位となった。低価格の企業向けで販売を伸ばし、2006年終盤からトップを守ってきた米ヒューレット・パッカード(HP)を抜いた。レノボは前年同期比9・8%増の1376万台となり、HPは16・4%減の1355万台。HPのシェアは15・5%。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信