ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中国レーダー照射「極めて遺憾」

 安倍晋三首相は6日午前の参院本会議で、中国海軍艦船による海上自衛隊護衛艦へのレーダー照射に関し「不測の事態を招きかねない危険な行為だ。一方的な挑発であり、極めて遺憾」と表明。政府は今後、米国と連携しながら中国側の出方を冷静に見極め、再発防止を強く求めていく方針。首相は外交ルートを通じて中国側に抗議したことを強調し「戦略的互恵関係に立ち戻り、事態をいたずらにエスカレートさせないよう強く自制を求める」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。