外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】日中戦争時の強制連行をめぐり、昨年2月に三菱マテリアルなど日本企業2社を相手に損害賠償などを求めて北京市の裁判所に提訴した中国側代理人の康健弁護士は11日、三菱側との和解交渉の実施を明らかにした上で「謝罪を拒否するなど企業側に誠意がない」として交渉を「中止」すると発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信